ホーム体験一覧氷見の里山の伝統食材「クサギ」採取から調理、保存まで

この体験は終了していますが、オーダーメイドプランに組み込むことが可能です。詳しくはこちら

氷見の里山の伝統食材「クサギ」採取から調理、保存まで

  • 2019/05/06(月)
  • 富山県 > 氷見市

「クサギ」という樹木をご存知ですか?
落葉性の低木で、葉を揉むと独特な、薬のような匂いがします。夏には花が咲き、秋には青や紫の実がなります。

北海道から沖縄まで分布し、葉を食用・薬用にしたり、青を染める染料にしたりと全国各地で利用されてきたようですが、このクサギの葉を使った料理を実際に暮らしに根付いた伝承料理として伝えている地域はそう多くないかもしれません。

氷見の里山では、クサギと打ち豆の煮物は伝統的に、報恩講や行事などでなくてはならない一品でした。

今回は、食用に適したクサギの若葉が芽生えるこの季節に、氷見の里山で実際に葉の採取を行い、どのように下処理や保存、調理を行うのかを、じっくりと大心寺のおかあさんから教わります。

お昼は試食もかねて、お寺で日頃からさまざまな身の回りの恵みを採取し調理したもの(ex.山菜やイノシシ、桜花の塩漬けなど)をみんなで準備していただきます(軽食&内容は当日のお楽しみです)。

・お申し込み:5月2日(木)締め切り
・当日の連絡先:090-3767-2607(荒木)/090-2838-0098(浅見)

体験詳細

開催日

2019/05/06(月)

開始時刻

10:00

終了時刻

13:00ごろ

場所

富山県氷見市岩瀬795 の家

販売価格(税込)
会員価格(税込)

2,000円
1,500円

※現地決済となります

準備していただくもの

動きやすい服装、長靴、エプロン、三角巾、ふきん

ご予約

終了のため、予約できません
この体験に関するお問合せはこちら

よくあるご質問はこちら

周辺のおすすめ