ホーム体験一覧昔ながらの和紙職人の仕事を知る

この体験は終了していますが、オーダーメイドプランに組み込むことが可能です。詳しくはこちら

昔ながらの和紙職人の仕事を知る

  • 2019/02/19(火)
  • 富山県 > 南砺市

この国の昔ながらの和紙作りの仕事を、今なお楮(こうぞ=和紙の原料)の栽培からいっかんして手掛け、こだわりの和紙「悠久紙(ゆうきゅうし)」を生み出している一家が五箇山にはいます。
冬の和紙作りの仕事を見学し、職人さんに和紙作りについてじっくり話を聞くことができます。悠久紙を使ったクラフト体験をとおして和紙に触れ、日本の宝である和紙の文化を感じてください。現代の暮らしの中に彩を添えるものとなることでしょう。

■ツアー内容
たいら道の駅に10:00に集合し、天気がよければ歩いて東中江生産組合にご案内いたします。和紙職人一家の加工場にて、和紙作りについて職人さんにお話を伺います。天候によって、楮の雪さらしを体験していただきます。
その後、職人さんの家で悠久紙のはがきに切り紙や絵付けをして、オリジナルポストカードを作ります。ご希望の方は、五箇山から投函することもできます。
今回は、モニタリングツアーです。アンケートにご協力くださった方に、ささやかなお土産をお渡しします。

■ご予約
・お名前 ・お電話番号 ・メールアドレス ・ご住所
をご記入ください

体験詳細

開催日

2019/02/19(火)

開始時刻

10:00

終了時刻

12:00

場所

富山県南砺市東中江215
道の駅 たいら 五箇山・和紙の里

販売価格(税込)
会員価格(税込)

3,500円
3,000円

※お茶、お菓子、和紙クラフト体験付
※現地決済となります

定員

8名

準備していただくもの

雪の上を歩くことのできる暖かな靴と服装でお越しください

注意事項

・ご予約は、前日の14:00まで受付
・ツアー内容は変更にする場合がございます

ご予約

終了のため、予約できません
この体験に関するお問合せはこちら

よくあるご質問はこちら

周辺のおすすめ

千年未来工藝祭2019 - Day2

2019/09/01(日)

福井県 > 越前市

最勝寺×蕎文 Presents 食べる禅 -行 鉢 GyoHat...

2019/07/16(火)

富山県 > 富山市

千年未来工藝祭2019

2019/08/31(土)

福井県 > 越前市