ホームSEURATについて

SEURATについて

6,852からなる島々、
その中央を走る16,667の山々、
そこから流れるおよそ35,000の河川。

自然によって多くの集落が点在し、
独自の文化や言語が生まれ、
今も色濃く伝統として引き継がれている日本。

このキャンバス上で一つ一つが異なる輝きを放っている様はそう、
フランス人画家、Georges Seurat(ジョルジュ・スーラ)が描く点描画のよう。

こういった日本の地域に残る、知られざる魅力的ストーリーを、
私たちは「その土地の人」を通して伝えていきます。

行きつけのお店を紹介してくれた、偶然道で出会ったおじいちゃん、
地元素材の話から郷土料理のレシピまで丁寧に教えてくれた小料理屋の女将、
居酒屋での話が盛り上がり、翌日自分の工房まで案内してくれた伝統工芸の職人さん。

思い出に残る旅には、必ずといっていいほど
偶然による人との出会いがありませんでしたか。
そしてそこからは新しい発見や感動が生まれたはずです。

しかしこういった出会いは偶然によるところが大きいもの。
旅にあてられる時間の限られた現代人には、難しいのが現実です。

SEURAT(スーラ)では、その土地の文化や食、
ものづくりに携わる人たちとの時間を大切に考え、
普段入れない建築や工房で話を聞いたり技を見たりする場、
一緒にお酒を交わす楽しい食事会などを企画します。
さらに、その土地ならではの体験、
地元の人と交流できる体験も紹介しています。

彼らから直接伝えられるストーリーが何より
価値のあることだと感じられるはずです。

“偶然”にしか得られないものを”必然”に得られる旅。
これを実現させるのがSEURATです。